「世界で最も価値のあるブランド」 アリババは6位、テンセントは7位にランクイン

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「世界で最も価値のあるブランド」 アリババは6位、テンセントは7位にランクイン

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

通信サービスグループの英「WPP」と、同社傘下のコンサルティング企業「Kantar」が6月30日、世界におけるブランド価値を測る年次調査「ブランドZ 世界で最も価値のあるブランドランキングTop100」2020年版を発表した。

同ランキングでは米アマゾンが第1位に輝き、そのブランド価値は4159億ドル(約45兆円)に達した。第2位は米アップルで、ブランド価値は3522億ドル(約38兆円)だった。次点は米マイクロソフト。ブランド価値は3265億ドル(約35兆1000億円)でグーグルを抜き、第3位の座についた。第4位は米グーグルで、同3236億100万ドル(約34兆8000億円)。

中国からはアリババが昨年の7位からランクアップして第6位となり、ブランド価値は前年比16%増の1525億2500万ドル(約16兆4000億円)だった。テンセントはそれに続く第7位で、ブランド価値は1509億7800万ドル(約16兆2000億円)であった。

Kantar年次レポートにより

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録