快手のゲーム実況、月間アクティブユーザー数が2億2000万人を超える

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

快手のゲーム実況、月間アクティブユーザー数が2億2000万人を超える

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国・上海で7月31日~8月3日まで行われたゲームショウ「ChinaJoy 2020」の開催期間中、ショート動画プラットフォーム「快手(Kuaishou、海外版は「Kwai」)」は、今年5月末までにゲーム実況の月間アクティブユーザー数(MAU)が2億2000万人を超え、ゲームショート動画のMAUが3億人を突破したと発表した。また、7月22日に「快手ビックデータ研究院」が発表した「2020快手コンテンツエコシステム 上半期レポート」によると、快手のゲームショート動画のデイリーアクティブユーザー数(DAU)は9000万人を超えたとのこと。

垢抜けないイメージが付きまとい、eスポーツの要素も感じられない快手だが、ここ2年余りの間にゲーム実況という分野において、ユーザー数の多さと対戦イベント、ゲームの版権およびショート動画コンテンツなどをベースに、確固たる地位を築き上げてきた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録