短信

3大通信キャリア、5G設備への投資加速 20年上期は3社で約1兆3500億円を投入

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の電気通信事業者大手「中国電信(チャイナ・テレコム)」が8月18日に2020年の中間報告を公表し、「中国聯通(チャイナ・ユニコム)」、「中国移動(チャイナ・モバイル)」を加えた中国3大通信キャリアの業績が出そろった。データによると、20年上半期の売上高は3社合計で7341億元(約11兆2200億円)、純利益は同773億元(約1兆1820億円)、1日あたりの純利益は同4億元超(約61億円)であった。

また、設備投資方面では、3社合計で1699億元(約2兆6000億円)を投じている。うち、その半分以上の879億5300万元(約1兆3450億円)が第5世代移動通信システム(5G)関連の投資に充てられている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録