短信

市内即配サービス「Dada」、20年2Q売上は前年から倍増の約205億円

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

8月24日の米国株式市場の取引終了後、市内即時デリバリーサービス大手の「達達集団(Dada Group)」が第2四半期の決算報告を発表した。

それによると、純利益はブルームバーグによるコンセンサスの12億8900万元(約198億円)を上回り、前年比93.1%増の13億3200万元(約205億円)、株主に帰属する純損失は前年比20.3%増の6億1700万元(約95億円)、Non-GAAP指標による株主に帰属する純利益はブルームバーグによるコンセンサスの4億700万元(約62億円)に対し、前年比13.5%減の3億9000万元(約60億円)だった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録