中国メディア、バーチャルキャスター活用へ AI企業と提携

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国メディア、バーチャルキャスター活用へ AI企業と提携

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

9月4~9日まで北京で開催された国際展示会「2020年中国国際サービス貿易交易会(服貿会)」で7日、AI企業「出門問問(Mobvoi)」が中国の日刊紙「光明日報(Guangming Daily)」との提携を発表した。同提携では、AI技術を活用したバーチャルキャスター「魔影主播」や、オーディオコンテンツ制作用のワンストップソリューション「魔音工坊」を含む「魔音シリーズ」を用いる。

バーチャルキャスターは「小明」と名づけられ、ディープラーニングとコンピューターグラフィック技術を組み合わせることでキャスターの体型、表情、細かい唇の動きなどをリアルに表現できる。バーチャルキャスターを利用することで速報ニュースの編集にかかる時間を大幅に節約でき、コンテンツの生産性もアップさせられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録