アリババ、東南アジアのネット配車「Grab」に30億ドルの出資か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

アリババ、東南アジアのネット配車「Grab」に30億ドルの出資か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババグループは、東南アジアのモビリティサービス大手「Grab(グラブ)」に30億ドル(約3170億円)の出資を計画していると報じられた。

今回の出資が実現すれば、2016年の東南アジア版Amazonと呼ばれる「LAZADA(ラザダ)」への出資に次いで、アリババの東南アジアにおける最大の投資となる。

Grabの直近の企業評価額はすでに140億ドルである。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録