ゴミの分別回収の課題と需要の拡大に「一桶手」がQRコード機能付き無人回収機を導入

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス

ゴミの分別回収の課題と需要の拡大に「一桶手」がQRコード機能付き無人回収機を導入

生活垃圾回收难需求大,「一桶收」推出了“一码一收”的社区无人回收机

一句话介绍,“一桶收” 想用一款支持多个垃圾品类的无人回收机,有偿接收废弃物,放置在社区中解决生活垃圾回收难题。家庭场景的生活垃圾回收具有高频、刚需、低价的特性。一方面,废品回收的市场空间很广,国家商务部数据显示,截至 2017 年底,我国十大再生资源回收总量为 2.82 亿吨,总值为 7550.7 亿元。
但另一方面,生活垃圾回收客单价低、物流成本又很高,且生活垃圾往往由于没有分类,后续再处理成本过高,一个直接体现是,过往做社区 O2O 回收的一些初创企业纷纷转向 2B。

目前看来,智能回收终端似乎是最佳方案,将分散的个人丢弃需求集中,从而降低运营成本,前不久无人回收机运营商“小黄狗”获 10.5 亿元 A 轮融资,也印证了这一趋势。

但怎么分类、怎么回收,思路就大不相同了,一桶收给出的方案可以总结为“一码一收”。具体来讲,采用的是先“贴码”再丢弃的模式,用户需要先领取一个印有二维码的垃圾袋,或者领取二维码贴纸贴在自己的垃圾袋上;用手机扫描二维码绑定信息,将废品装入垃圾袋中;接着在智能垃圾柜上扫描二维码,直接将垃圾投入;垃圾按重量计费,用户可在微信端获取收益。

生活垃圾回收难需求大,「一桶收」推出了“一码一收”的社区无人回收机

一桶收设计图

品类方面,一桶收的分类逻辑在于不同的二维码对应不同品类,需要用户主动完成分类之后再行丢弃,因而后期可调整范围较大,只要有人愿意收,可以随时按需求更新品类、添加二维码。叶志徐向36氪介绍到,一桶收会对分类采取奖惩制度,假如用户恶意丢弃与二维码品类不同的垃圾,则对用户发送提醒或警告,严重的进行封号处理。

后期的回收处理方面,一桶收并未选择自建团队,而是开放给签约的回收人员。叶志徐认为,现有的回收体系其实比较完善,一桶收的定位是用智能终端解决回收人员和家庭的对接难题,对回收人员来说,可以一次性回收大量资源而不必一个个上门,也愿意出较高价格。

一桶收自有回收桶的盈利来源于废品差价,目前,最新终端已经在福建的十余个社区试运行,单台设备成本在千元级,平均每天能收到 20 公斤以上资源,回本周期为 7-10 个月。同时,其还准备开展设备租赁业务,希望能在 2019 年上半年覆盖掉一个完整城市,占到城市生活垃圾 20%-30% 的回收份额。

未来,一桶收还计划解决厨余垃圾回收问题。其准备利用自主研发技术,在厨余垃圾袋的内壁密集植入有益菌,使其朝有益方向先行发酵,随后再加工成各种动物饲料原料。

此前,一桶收曾获个人投资者的百万级天使轮融资,目前也开放下一轮融资,主要用于设备生产和铺点。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ゴミのリサイクルを専門とする中国のローカル企業「一桶收(イートンショウ)」は、さまざまな種別のゴミに対応する無人回収機を住宅街に設置。有償でゴミを預かることで、ゴミの分別や回収といった大きな課題の解決を図ろうとしている。

絶対的なニーズ、薄い利益というゴミ回収の現状

一般家庭から出るゴミの回収は、頻度が高く絶対的な需要があるが、そこから得られる利益は少ないといった特徴がある。一方で、ゴミのリサイクル市場は非常に大きく、中国商務部のデータによると、2017年のリサイクルごみ主要10項目の回収量は2.82トンにのぼり、価格にして7550億7000万元に及ぶという(※2018年7月現在、1元=16~17円)。

しかしその一方で、個人から出るゴミの回収利益は低く、物流コストは非常に高い上に、ゴミのほとんどがきちんと分類されておらず、追加の処理コストが更にかさむのが現状だ。そのため、住宅街のゴミ回収事業に取り組もうとした一部のO2Oスタートアップ企業は、最終的にB2B向けの事業に方向転換している。

ゴミ出しはQRコードを貼ればOK ~AI導入の無人回収機~

今のところ、ゴミの回収はAI回収機によるものが最善の方法とされている。分散している個人ゴミの廃棄を1ヶ所に集めることで、管理コストを抑えられるからだ。少し前、ゴミ無人回収機の事業者「小黄狗(シャオフアンゴウ)」が、シリーズAラウンドで10億5000万元の資金調達に成功したのも、このことを裏付けしている。

しかしゴミをどう分類し、どう回収するかは企業によって大きく異なる。一桶收が考案した方法は、QRコードを利用した回収。ゴミ袋にQRコードを添付してゴミを捨てる方法だ。ユーザーはまずQRコードのついているゴミ袋を手に入れるか、QRコードのシールを入手して、これから捨てようとしているゴミ袋に貼る。QRコードを携帯でスキャンして何を捨てるかを記入し、ゴミを袋に詰める。今度はゴミ回収機にあるQRコードを読み取って、そのまま回収機へとゴミを捨てる。ゴミは重さによって金額が計算され、顧客はWe Chat(微信/中国のSNSツール)を通じて受け取るようになっている。

課題は分別作業

ゴミの分別種類に関していうと、一桶收はゴミの種別ごとに専用のQRコードを提供しており、ユーザーはあらかじめ自分の手でゴミを分別してそれぞれの袋に詰める必要がある。ゴミの種別については、回収してくれる事業者さえいれば、いつでも新しく分類を追加し、それに対応した新しいQRコードを発行することができる。

また、開発者の叶志徐(イエ・ジーシュー)氏は取材に対し、一桶收はユーザーのゴミ分別の有無について、賞罰制度を導入すると話した。例えばユーザーが捨てたゴミの種別と、ゴミ袋に添付したQRコードの種別が異なる場合、そのユーザーは注意や警告を受け、さらに悪質な場合にはアカウント凍結という厳罰処置を行うこともあるという。

回収作業はワンストップで終了

ゴミの回収に対しては、一桶收はあえて社内にチームを持たず、外部から一般の回収事業者に委託するつもりだ。叶氏が言うには、既存のゴミ回収システムは比較的に完成されているし、一桶收はあくまでAI機能を駆使して回収事業者と一般家庭との接点を取り持つ役割を担うのが使命だからだ。ゴミ回収事業者は1つ1つの家庭を訪問する必要なく、ワンストップで大量の再生資源を回収できるので、少々コストがかかってでも契約しようとする。

さらなる目標は、エリア拡大と生ゴミ再利用

一桶收はゴミの回収差額から利益を生み出しており、現段階ですでに福建省の10以上の住宅街で最新機器を試験運用している。回収機1台あたりの価格は1000元台。1台あたり日平均20キロ以上のゴミを回収できるので、7~10ヶ月で購入費用を回収できる計算だ。同時に機器のリース業務も準備しており、2019年の上半期までに1都市全体で展開する予定。その都市から出る生活ゴミの20~30%をカバーできたらと考えている。

また、はいずれ生ゴミの問題にも取り組もうとしている。独自に開発した技術を利用し、ゴミ袋の内側に生ゴミを分解する細菌をびっしりと仕込む。そして生ゴミの発酵・分解を促し、そこから家畜飼料の原料に加工することを計画している。

過去に一桶收は、個人投資家から数百万元の資金調達に成功している。現在も再び調達中で、集めた資金は主に設備投資とその設置に投入されるとみられる。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録