中国の話題作RPG『原神』、日本リリース後ゲーム売上トップ3入り Pokemon GOなど大作超える

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国の話題作RPG『原神』、日本リリース後ゲーム売上トップ3入り Pokemon GOなど大作超える

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

最近公開された日本におけるGoogle Playアプリストア売上ランキングで、中国のゲームパブリッシャー「miHoYo(米哈游)」が開発したオープンワールド型のアクションRPG『原神』がトップ3に入った。

同ゲームは9月28日にリリースされた直後から急激に売り上げを伸ばし、ランキング上位に君臨する『FGO(Fate/Grand Order)』、『Pokemon GO』、『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』などのビッグタイトルを追い抜いた。

原神は、リリース直後にアンチチートシステム(不正防止プログラム)の不具合によりスパイウェアではないかと騒ぎになり、ツイッターで一時「スパイウェア」がトレンド入りするなど話題になっていた。しかし、それでもリリース第1週目の売上は堅調で、勢いは当面衰えそうにない。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録