テンセント、スマート駐車アプリ「PP停車」に約31億円を戦略出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセント、スマート駐車アプリ「PP停車」に約31億円を戦略出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

駐車料金のモバイル決済や駐車場のナビゲーションなどができるアプリ「PP停車」を運営する「神州路路通網絡科技(Chinaroad Technology)」が、テンセント(騰訊)から2億元(約31億円)の戦略的出資を受けた。2015年にも神州路路通はシリーズAで「協同創新基金(Synergetic Innovation Fund)」から1000万元(約1億6000万円)を調達している。

PP停車は従来の駐車サービスをデジタル化するSaaSベースのプラットフォームである。今後は、テンセント傘下の「騰訊出行」副総裁・鍾学丹氏がPP停車の役員職を務めることになる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録