滴滴専車は“礼橙専车”へと改名、年内にもAppを登場させる

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

滴滴専車は“礼橙専车”へと改名、年内にもAppを登場させる

滴滴专车更名为“礼橙专车”,App客户端将于年内上线

沉寂已久的滴滴终于有新动作了。

6月29日,在北京举行的“因你而变——滴滴专车品牌升级发布会”上,滴滴正式宣布专车升级为独立品牌,启用“礼橙专车”为新的品牌名称。这一举动证实了此前专车或将独立的风声,滴滴在专车领域的新布局终于落锤定音。

滴滴出行CEO程维

除了品牌独立、专车改名,这场发布会还透露,滴滴将会在今年内上线独立的“礼橙专车”,并且不会跟滴滴客户端现有专车功能冲突。

就在昨天,滴滴悄然更换了App开屏界面:一只等待扫码的橙子配以“6.29神秘新品首发”的文字,吊足胃口。一如阿里旗下的“动物世界”系品牌飞猪、菜鸟等,滴滴也拥有了“水果乐园”品牌,礼橙专车沿用了滴滴一贯的桔色元素,成为了滴滴矩阵中继小桔充电、青桔单车后的又一新成员。

公司子业务成长迅速之后进行品牌独立是企业惯用的做法,阿里旗下拥有天猫、飞猪、闲鱼等品牌,网易旗下有考拉、网易云音乐等,滴滴酝酿专车业务的独立也早有苗头。

2017年滴滴就提出了“专车决胜”的目标,在年初滴滴的内部信中,程维、柳青写道:专车将在网约车市场迎接激烈竞争同时获得盈利,将打造专车独立市场品牌。2018年,专车使命从“专车决胜”升级到“专车优胜”,经过近一年紧锣密鼓的筹备,滴滴为用户交上这一份答卷。

据滴滴出行高级副总裁付强介绍, 本次专车业务品牌升级的内容包括标准化服务、车内硬件升级、智能化服务等,这是在消费升级的重要阶段,滴滴“品质出行”的观念在服务体验上深掘的体现。

最前线 | 滴滴专车更名为“礼橙专车”,App客户端将于年内上线

滴滴出行高级副总裁付强

从内部看,滴滴在2014年8月上线专车业务,历经3年的发展,专车事业部在出行体验、效率、品牌建设方面已经探索出了相对成熟的体系。从外部看,专车独立,是滴滴应对网约车市场现状和政策的明智举动,总地来说会在这些方面给滴滴带来益处。

首先,品牌。“礼橙专车”是滴滴在品牌升级上的大举动。 专车业务重服务运营能力,切入专车细分市场意味着滴滴开始在对垂直消费人群发力,网约车平台大范围的游击战较量已成为过去式,提升品质、注重服务的专车业务将在整体上助力滴滴的价值升级。

其次,盈利。相比快车,专车是单价更高的出行服务,目标用户是中高端消费人群。一旦专车品牌独立,给予更多的服务赋能,滴滴将会获得更大市场空间实现盈利。另外,美团等新入局者也在不断搅动原本的平价车出行市场,此时加码价格更高的专车业务,也是滴滴为自己寻找到的新的利益增长点。

第三,竞争。国内专车行业最早开始于2010年的易到用车,此后同行业竞争者不断涌现。礼橙专车的独立使专车成为了滴滴的核心业务之一,让其能更正面地与易到、首汽、神州等主打专车业务的品牌形成正面阻击。

值得一提的是,滴滴在发布会现场展示了礼橙专车即将开启的秒杀、礼票等出行优惠,这意味着继快车之后,专车可能迎来新一轮价格补贴攻势。

第四,流量。贝恩咨询在《2018年中国新型出行市场研究》中指出,滴滴如今的网约车消费只有40%是通过滴滴App完成的。一如升级为“飞猪”的“阿里旅行”,更名为“抖音”的“A.me”,即将问世的“礼橙专车”App将是滴滴开掘新流量入口、拉动用户活跃度的新路径,为未来接入更多的其他服务、广告和商业化运营带来更多可能。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

長い間沈黙していた滴滴、ついに新たな動きがを見せる。

6月29日、北京にて “あなたのために変わるー滴滴専車ブランドアップグレード発表会ー”が開かれ、滴滴専車は独立したブランドへとランクアップすることをオフィシャルに発表し、礼橙専车が新たなブランド名になる。この動きは専車が独立する噂を証明することになった、滴滴は専車部門においてついに地盤を固めた。

ブランドの独立化、専車の名前の変更を除いて、この発表会では滴滴は今年中に礼橙専車を登場させる、また滴滴のユーザーが現在もつ専車サービスと衝突することはない

昨日、滴滴は静かにAppのサーフェスページを変更した、6.29神秘新品発表の文字と共にオレンジの形のQRコードが食欲を誘う。アリババグループの飞猪,菜鸟のような“動物世界”シリーズのブランドのように滴滴も“果物楽園”シリーズのブランドを持つことになる。オレンジ色をベースにする礼橙専車は小桔充电,青桔单车に続いての新たなメンバーになった。

サブブランドの急速な成長を遂げた後独立としたブランドへと変えることは企業がよく使う方法である、アリババは天猫、飞猪、闲鱼などのブランドをもち、网易は考拉、网易云音乐をもつように、滴滴专车の独立化も早いうちに目に見えたことであった。

2017年では滴滴は“専車決勝”の目標を掲げた、年始においての滴滴の内部情報で、エンジニア柳青氏は:専車サービスは配車市場において激しい競争を迎えると同時に多くの利益を手にすることになり、専車だけの独立とした市場ブラントを確立することになる。2018年、専車の使命は“専車決勝”から“専車優勝”へと変わり、約1年の密な準備を経て、滴滴はユーザーたちに答えを出した、と書いている。

滴滴出行の副CEO付强氏によると、今回の専車サービスのレベルアップにはマニュアル化されたサービス、車内のハードウェアのアップグレード、AI化などが含まれる。これは滴滴の“クオリティ重視”のメッセージが具現化されたことである。


滴滴出行副社長、付強氏

内部者の視点から見ると、滴滴は2014年8月に専車サービスを開始し、3年の発展を経て、専車部門は体験、効率、ブランドの立ち上げ方面では成熟したシステムを確立した。外部から見ると、専車の独立化は滴滴がネットによる配車サービスに対応する賢い動きであり、滴滴には大きな利益をもたらす。

まず第一に、ブランド力。「礼橙专车」は、ブランドアップグレードの大きな動きといえる,専車サービスは運営能力を重視し、細く分けられた市場に入ることは、消費者そしてネット配車サービス間の遊撃戦で勝負することは過去の方法になったことを意味する。品質の向上、サービス指向のビジネスは滴滴のブランドのイメージアップに多いに役立つであろう。

その次は利益である、快車に比べて専車の単価は高い、このサービスのターゲットは中、上層の消費者であり。専車のブランドが独立すればもっと多くのサービスが付随することになり、滴滴はさらに大きなマーケットを得ることによって利益を獲得することになる。さらに美团などの新参者も配車サービスの値段をかき乱している。ここで価格の高い専車サービスを提供することは滴滴にとって新たな利益をもたらすポイントも見つけ出したことになる。

第三、競争。中国国内では2010年易到用车が初めて配車サービスを始めた、その後様々な競争者が現れた。礼橙专车の独立化によって配車サービスが滴滴の核心業務の一つとなった。これゆれに易到、首汽、神州といった専車を専門とする企業に大きな打撃となる。

おもしろいことには、滴滴は発表会にて礼橙専車のセールやプロモーションギフト券などといった活動も発表した、これは快車に続いて専車サービスにおける値段の補助を迎えることになる。

第四にユーザーの流れ、ベインアンドカンパニーの<2018年中国新型旅行マーケット研究>によると、滴滴の配車は滴滴Appを通して完了されたものはたったの40%にすぎない。“飞猪”になった“阿里旅行”,や“抖音”と改名した“A.me”のようにまもなく発表される“礼橙専車”Appは滴滴にとって新たなユーザーを取り囲む良いチャンスになり、さらなる他のサービスの参入、広告やビジネス化に大きな可能性をもたらす。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手