牛・豚・鶏肉をラインナップ、植物由来の代替肉ブランド「Hey Maet」が数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

牛・豚・鶏肉をラインナップ、植物由来の代替肉ブランド「Hey Maet」が数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

植物由来の人口肉を開発する新興企業「Hey Maet(上海魅味特食品科技)」は、プレシリーズAで「微光創投(Welight Capital)」と「君盛投資(Junsan Capital)」から数千万元(数億円)の資金を調達した。Hey Maetの数億円規模の資金調達は過去4ヶ月で2回目となり、2020年8月のシードラウンドおよびエンジェルラウンドでは「双塔食品(Shuangta Food)」、米シリコンバレーの「UpHonset Capital」、「天図資本(Tiantu Capital)」から資金を調達している。

Hey Maetは、シリコンバレーのグローバルな起業促進プラットフォーム「OnePiece Work」でインキュベートされ、2020年にシリコンバレー出身の食に精通した留学経験者チームによって設立された。豚肉、牛肉、鶏肉などの植物由来代替肉をラインナップし、 すでにHey Maetの製品は北京、上海、広州などの大都市のレストランで提供されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録