人工肉開発の「Future Meat」が約28億円を調達 1000分の1のコストダウンに成功

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

人工肉開発の「Future Meat」が約28億円を調達 1000分の1のコストダウンに成功

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

イスラエルの細胞培養肉開発スタートアップ「Future Meat Technologies」(以下「FMT」)が2675万ドル(約28億円)を調達した。資金は研究開発のイノベーション、製品の量産化および商業化の加速に充てられる。

本ラウンドの出資者には「タイソン・フーズ(Tyson Food)」、「アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(Archer Daniels Midland;ADM)」、「Müller Group」、「Rich’s Product」など食品・農業業界の有力企業が含まれる。同時に、「S2G Ventures」や「食芯資本(Bits x Bites)」、「ADM Capital」など食品および農業技術プロジェクトへの早期投資に焦点を当てた多数のベンチャーファンドの投資家からも支援を受けた。

FMTは2019年に、シリーズAで1400万ドル(約14億6000万円)を調達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録