ファーウェイがスマート養豚ソリューションを発表 AIアシスタントで畜産業のDXに挑む

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ファーウェイがスマート養豚ソリューションを発表 AIアシスタントで畜産業のDXに挑む

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイ(華為技術)のマシンビジョン分野の責任者である段愛国(Alex Duan)氏が、SNS「微頭条(weitoutiao)」で明らかにしたところによると、ファーウェイマシンビジョン(華為機器視覚)が、スマート養豚ソリューションを発表したとのこと。畜産業はデジタル化、スマート化、無人化の趨勢にあるという。

この養豚システムは、ダッシュボード監視、ビッグデータ分析、デジタル管理を提供し、AIによる認識、学習、予測、意思決定などをサポートすることで、フルセンシングモニタリング、ロボット巡回検査、自動 / 遠隔制御を実現する。

段愛国氏は、ファーウェイマシンビジョンは今後スマート養豚に注力していくと述べ、ソリューションも準備できており、インテリジェントな「目」があらゆる物を感知し、AIが養豚のスマート化を後押しするだろうとコメントしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録