家電メーカー「スカイワース」、50万円の変形OLED大型テレビをリリース シェア48%

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

家電メーカー「スカイワース」、50万円の変形OLED大型テレビをリリース シェア48%

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3月31日、中国家電大手「創維(スカイワース)」傘下の「創維RGB電子(CHUANGWEI-RGB Electronics)」が、2021年春季新製品発売会を開催した。スカイワースは、初めてOLED変形テレビ「W82」をリリースした。

同製品にはスカイワース製の変形OMBフレキシブルスクリーンを搭載、4Kスクリーンを湾曲させ曲面テレビにしたり、フラットにすることが可能だ。1メートル離れたソファに座って映画を見る時は、画面の曲率が2000Rに調整され、映画館のスクリーンのようになる。3メートル間隔を開けられる場合は、画面をフラットな状態にも戻せる。背面に曲面スクリーン構造を使用し、ヒンジを介してスクリーンを押して異なる曲率で変形させることを可能にした。 価格は65インチが29999元(約50万円)。

中国の市場リサーチ会社「奥維雲網(AVC)」の調べでは、2020年下半期に、スカイワースのOLEDテレビの売上高シェアは47.9%に達し、業界トップとなった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録