短信

テンセントも注目、二次元ファッションのセレクトショップ「十二光年」が数千万円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

Z世代(2000年代以降生まれの若者)の女の子向けセレクトショップ「十二光年(Shier Guangnian)」を運営する「拾爾光年文化創意」が、プレシリーズAで数百万元(数千万円)を調達した。リードインベスターは「セコイア・キャピタル・チャイナ・シードファンド(紅杉中国種子基金)」、コ・インベスターはIT大手テンセント、ゲームパブリッシャー「miHoYo(米哈游)」、「浅月資本(YUE Capital)」および既存株主の「蜂巧資本(Borchid Capital)」。前回の資金調達から半年も経っていない。

2020年1月に設立された十二光年は、若者に大人気の漢服(中国漢民族の伝統衣装)、ロリータファッション、女子高生(JK)風の制服を手始めに、トップクラスかつ高品質でオリジナルなファッションデザインのブランドとIPリソースを統合。いくつもの文化を融合し、オフラインでコスプレ、アートトイなどの二次元カルチャーを体験できる場を提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録