ソウル市とテンセントが提携 アプリ開発でポストコロナ時代の観光を促進

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ソウル市とテンセントが提携 アプリ開発でポストコロナ時代の観光を促進

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

韓国ソウル市の観光体育局がこのほど、テンセント(騰訊)傘下のクラウドサービス「テンセントクラウド(騰訊雲)」と提携覚書(MOU)を締結した。

テンセントクラウドはソウル観光体育局に対し、スマート観光プラットフォームの構築および運用支援を行い、技術やトラフィック促進などのサポートを提供し、ワンストップ式のスマートツーリズムサービスを構築する。

今回の提携で、双方は共に「スマートフォンでソウルを旅する」ことができるアプリやテンセントのチャットアプリ「WeChat(微信)」向けミニプログラムを開発する。このアプリで観光客はホテルやレンタカーの予約、観光マップやGPSの利用、オンラインショッピング、チケットの購入、観光ビザの手配、税金の還付など、観光に関するさまざまなサービスを利用することができる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録