精度の高さで話題のAI通訳、実は裏で人間が訳していた。経営者の言い訳は……

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

その他

精度の高さで話題のAI通訳、実は裏で人間が訳していた。経営者の言い訳は……

大佬言论 | 刘庆峰:比人类更强大的不是AI,是掌握AI的人类

大佬言论 | 刘庆峰:比人类更强大的不是AI,是掌握AI的人类

10月24日,刘庆峰在科大讯飞的1024开发者节上回应了此前科大讯飞“AI同传”被传造假的问题。

刘庆峰指出,人和机器的深度耦合才是真正的推动人工智能应用落地的关键,这是人工智能时代社会伦理和人文发展的需要,也正在成为全球的共识。

他表示,“比人类更强大的不是AI,而是掌握了AI的人类。我们不能让机器完全代替人,我们要让每个人都站在人工智能的平台之上从而享受人工智能。”

不光是机器翻译“人机耦合”,刘庆峰也提到自己的董事长事务也将与AI进行“耦合”,“希望到2029年,我作为董事长的工作有80%是机器帮我做的,20%是我来做决策的、做判断的。”

9月,科大讯飞被指用人类翻译冒充“AI 同传”,科大讯飞对此回应称,从未讲过AI同传概念,始终强调“人机耦合”模式。

続きを読む

音声認識分野に強い人工知能(AI)開発企業iFLYTEK(科大訊飛)の劉慶峰董事長は、同社が開催したAI開発者向けのイベントで登壇した。

iFLYTEKは9月、国際会議の講演で自社のAI同時通訳を披露し、精度の高さが話題となったが、実際はプロの同時通訳者が通訳を行っていたことが明らかになった。AI機器は通訳者の音声を拾ってテキストに変換し、会場のスクリーンに表示していた。

劉董事長はこれについて、「人とAI機器との密接な連携こそが、人工知能の実用化につながる鍵であり、AI時代の社会倫理や人文科学発展に則した世界的共通認識となってきている」と説明。

「AIは人間を超える存在ではない。AIを掌握した人間こそが強いのだ。我々は機械に代替される存在であってはならず、AI技術を享受する存在でなければならない」と続けると、自身の業務も2029年までに80%をAIに委譲したいと述べた。
(翻訳・愛玉)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手