「規制強化により中国企業の海外IPOを禁止する意図はない」中国証監会

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

「規制強化により中国企業の海外IPOを禁止する意図はない」中国証監会

続きを読む

中国証券監督管理委員会(CSRC)の広報担当者は、同委員会がVIE(変動持分事業体)スキーム企業の海外IPO(株式上場)を禁止し、米国に上場している中国企業の上場廃止を奨励するとの報道に対し、「完全な誤解、誤認である」と述べた。

「CSRCと関係当局は、海外での上場を選択する企業に対して常にオープンな姿勢を維持しており、企業がコンプライアンスに基づいて独自に上場先を選択することを完全に尊重する。一部の中国企業は、米国での上場を目指して積極的に手続きを進めている。

「中国政府が公布した関連政策の主な目的は、独占を規制し、中小企業の権益やデータの安全性、個人情報の安全性を保護し、金融監督の空白を無くし、資本の無秩序な拡張を防止することだ。特定の産業や民営企業を抑圧するものではないし、必ずしも海外上場を目指す企業と関連があるとも限らない」とのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録