共同購入プラットフォーム「食享会」:シリーズBで約33億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

共同購入プラットフォーム「食享会」:シリーズBで約33億円を調達

続きを読む

会員制共同購入プラットフォームの「食享会」が、シリーズBで3000万ドル(約33億円)を調達した。リード・インベスターは「TPG-軟銀合資基金(TPG-SV)」、コ・インベスターは「創世伙伴資本(China Creation Ventures)」と「光源資本(Lighthouse Capital)」、既存株主の「心元資本(Cherubic Ventures)」および「険峰旗雲(K2VC)」。財務アドバイザーは光源資本が務めた。資金はサプライチェーンの整備、技術・システムの開発、市場の継続的な開発に充てられる。同社は、生鮮食品、生活雑貨などのデリバリーサービスを展開。「社区(中国独特の地域コミュニティ、行政単位)」の住民に対して、グループで共同購入・共同配送することにより、廉価で販売するサービスを提供している。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手