腫瘍治療の創薬企業「德琪医薬」:シリーズBで約130億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

腫瘍治療の創薬企業「德琪医薬」:シリーズBで約130億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

腫瘍治療の創薬企業である「徳琪医薬(Antengene Corporation)」が、シリーズBで1億2000万ドル(約130億円)を調達した。リード・インベスターは「博裕資本(Boyu Capital Advisory)」と「方源資本(Fountainvest Partners)」、コ・インベスターは既存株主の「啓明創投(Qiming Ventures)」と「泰福資本(Taifu Capital)」、このほか「新基製薬(Celgene Corporation)」、「薬明康徳風険投資基金(WuXi AppTec)」、「泰康保険集団(Taikang Life Insurance)」も出資した。資金は肝細胞がん治療に有効なATG-008、多発性骨髄腫治療に有効なATG-010(Selinexor)などの研究開発と商業化、スタッフ拡充に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録