セキュリティサービスの「芯盾時代」:シリーズCで約49億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

セキュリティサービスの「芯盾時代」:シリーズCで約49億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

本人認証などのセキュリティサービスを提供する「芯盾時代(Trusfort)」が、シリーズCで約3億元(約49億円)を調達した。リード・インベスターは「寛帯資本(China Broadband Capital)」、コ・インベスターは既存株主の「雲鋒基金(YF Captial)」と「紅点創投中国(Redpoint China Ventures)」、「SIG Asia Investments(海納亜洲)」。資金は適応型認証とユーザー行動分析技術の改良、「ゼロトラストモデル」の新製品開発、チームの拡充に充てられ、東南アジアやアフリカなど海外市場への参入を図る。同社は、企業や政府機関などのクライアントに対して、様々な認証サービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録