BYD、電動バスで日本市場を切り開く 30年までに累計販売台数4000台へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

BYD、電動バスで日本市場を切り開く 30年までに累計販売台数4000台へ

続きを読む

中国電気自動車(EV)大手「比亜迪(BYD)」は5月10日、東京都内で商用電動バスの新型車発表会を開き、2023年に新型車2種を日本市場に投入すると発表した。うち1種は従来車と比べ、1回の充電による航続距離が1割向上しているという。

同社はまた、日本市場での電動バス販売台数を増やし、30年までに累積販売台数4000台を達成する計画を明らかにした。

BYDは15年に日本市場に進出した。 同社は現在、日本の商用電動バス市場で7割以上のシェアを占め、市場をリードしている。

中国BYD、1~3月期の純利益3.4倍

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録