華人向けグローバルアセットアロケーションプラットフォーム「理享家」:シリーズDで約49億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

華人向けグローバルアセットアロケーションプラットフォーム「理享家」:シリーズDで約49億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

華人向けにグローバルアセットアロケーションサービスを提供する「理享家(ASSET PRO)」が、2019年初頭にシリーズDで4500万ドル(約49億円)を調達した。また、元アリババCEOで「嘉御基金(VisionKnightCapital)」董事長の衛哲和氏と、「JPモルガン・チェース中国投資銀行」の前主席で、「第一前海金融有限公司(First Seafront Financial Limited)董事長の龔方雄氏が高級顧問に就任した。消息筋によれば、同社は海外上場の準備に入っているとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録