「短期間でEVが主流になるとは考えにくい」ホンダ社長・八郷隆弘氏

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「短期間でEVが主流になるとは考えにくい」ホンダ社長・八郷隆弘氏

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

本田技研工業(以下、ホンダ)の八郷隆弘・代表取締役社長はメディアの取材に対し、「現段階では、電気自動車(EV)のインフラ数はまだ少なく、駆動用バッテリーなどのハードウェアについてもまだイノベーションが必要な状態で、短期間のうちに100%EVが急激に増加し、主流モデルになるとは考えにくい」とコメントした。同氏は、現在ホンダの開発の中心はハイブリッド(HV)システムであるが、引き続きEVの研究開発に資金を投入するとも強調した。この点に関して同氏は、「現在、ヨーロッパや中国などで厳しい排出基準が制定されている。これらの市場でシェアを拡大するため、ホンダは引き続きEVの研究開発を行っていく」と述べた。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手