英FaaSプロバイダー「Rapyd」:約22億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

英FaaSプロバイダー「Rapyd」:約22億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

クラウド型フィンテックサービス(FaaS)を提供する英スタートアップ「Rapyd」が、2000万ドル(約22億円)を調達した。出資者は米投資会社「Durable Capital Partners」。今回の資金調達でRapydの評価額は12億ドル(約1300億円)となった。同社は2019年10月にも1億ドル(約110億円)を調達しており、その際の評価額は10億ドル(約1100億円)だった。Rapyd共同創設者兼CEOのアリク・シュティルマン(Arik Shtilman)氏によると、資金は企業買収準備に充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録