法律業務分析プラットフォーム「LitiGate」:約5億5000万円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

法律業務分析プラットフォーム「LitiGate」:約5億5000万円を調達

続きを読む

法律チームにAI法律業務分析システムを提供するイスラエルのリーガルテック企業「LitiGate」が、シリーズシードで500万ドル(約5億5000万円)を調達した。 リード・インベスターは「Brighteye Ventures」、コ・インベスターは既存株主の「Firstime Ventures」、「Rhodium Ventures」およびイスラエルのトップ法律事務所「Shibolet&Co」。LitiGateが提供するAIシステムは高度なAIアルゴリズムによりソリューションを分析することができる。

メールマガジンに登録

関連キーワード

メールマガジンに登録