中国の民間ロケット企業「星河動力」:プレシリーズAで約23億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

中国の民間ロケット企業「星河動力」:プレシリーズAで約23億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の北京に拠点を置く民間ロケット企業「星河動力空間科技(Galactic Energy)」は、2019年10月にプレシリーズAで1億5000万元(約23億円)を調達したことがわかった。リード・インベスターは「普華資本(Puhua Capital)」と「華強資本(Huaqiang Capital)」、コ・インベスターは「聯儲創投(Lianchu Capital)」、「川商基金(Sichuan Entrepreneur Fund)」、「野草創投(Weed Ventures)」。既存株主の「梅花創投(Plum Ventures)」、「新勢能基金(New Potential Energy Fund)」も追加投資を行った。星河動力がこれまでに調達した資金の総額は3億元(約47億円)。資金は固体燃料ロケット「穀神星一号(CERES-1)」の初打ち上げ、液体燃料キャリアロケット「智神星一号(PALLAS-1)」の再利用可能液体酸素/ケロシンエンジンの全システム試験に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録