レーダーセンサーシステム開発の「木牛」:約7億8000万円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

レーダーセンサーシステム開発の「木牛」:約7億8000万円を調達

メールマガジンに登録

続きを読む

2019年12月末、レーダーセンシングおよびインテリジェント処理システムソリューションを提供する「北京木牛領航科技(Muniu Technology)」が新たに5000万元(約7億8000万円)を調達した。出資者は「君茂資本(JM Capital)」、「流馬資本(LM Venture)」、「勁邦資本(JBC)」。資金は主に車載レーダーとイメージングレーダーの研究開発、自社レーダーの製品ラインおよび検査ラインの拡張、高度交通システムやスマートビルなどでの製品の実用化促進に充てられる。は2015年に設立され、ミリ波車載レーダー、ドローン用レーダー、セキュリティおよびスマートシティ用センシングレーダーなどを主軸製品としている。

メールマガジンに登録

関連キーワード

メールマガジンに登録