ゲーム開発会社「NPIXEL」:シリーズAで約28億円を調達、韓国ゲーム史上最高額

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ゲーム開発会社「NPIXEL」:シリーズAで約28億円を調達、韓国ゲーム史上最高額

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2020年1月14日、韓国のゲーム開発会社「NPIXEL」がシリーズAで300億ウォン(約28億円)を調達したと発表した。出資者は、韓国「Saehan Venture Capital」と米「Altos Ventures」。この両投資機関はこれまでに、バトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)」を開発したデベロッパー「KRAFTON(旧Bluehole)」、韓国最大のEC「Coupang(クーパン)
」などを発掘している。本シリーズはシリーズAの資金調達としては、韓国ゲーム史上の最高額であり、現時点における「NPIXEL」の評価額は3000億ウォン(約280億円)以上に達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録