世界アプリ売上ランキング、4月に続き5月も「TikTok」が100億円超で首位に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

世界アプリ売上ランキング、4月に続き5月も「TikTok」が100億円超で首位に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米モバイルアプリ調査会社「Sensor Tower」が、2020年5月の世界モバイルアプリ売上ランキングを発表した。それによると、バイトダンス(字節跳動)が展開するショート動画アプリ「抖音(Douyin)」およびその海外版「TikTok」は、App StoreとGoogle Play合計9570万ドル(約103億円)を売り上げ、4月に引き続き連覇を果たした。前年同期比で10.6倍の売上となる。同アプリは、中国市場での売上が最も多く約89%を占め、第2位は米国で6.2%、第3位はトルコで1.2%だった。売上ランキング第2位に入ったのは「Youtube」で、売上は前年同期比77.3%増の7840万ドル(約84億円)だった。Youtubeは米国での売上が55.7%を占め、それに日本が11.8%で続いている。

TOP5にはこのほか、第3位にマッチングアプリ「Tinder」、第4位に動画アプリ「騰訊視頻(Tencent Video)」、第5位にバイドゥ(百度)傘下の動画アプリ「愛奇芸(iQiyi)」がランクインしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録