若者をターゲットにした新スタイルの白酒「開山」が人気、約15億円の資金調達も

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

若者をターゲットにした新スタイルの白酒「開山」が人気、約15億円の資金調達も

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

新しいタイプの白酒「開山」を手掛ける「開山酒業(Volcan Craft)」が、シリーズBで1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「元生資本(Genesis Capital)」、コ・インベスターは既存株主の「高瓴創投(Hillhouse Capital)」、「源碼資本(Source Code Capital)」。

「開山」は2018年11月に正式発売され、現在は月間1000万元(約1億5000万円)以上を売り上げている。新しい白酒の「先駆者」として、20~30代の若い消費者をターゲットとしているブランドだ。

開山酒業は「浄香型」という新たな白酒の型を生み出して、業界基準を制定することに初めて成功し、また同型の白酒を生産する企業として、中国政府の認可も取得している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録