短信

禁止令に反発、TikTokが正式にトランプ政権を提訴

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米国現地時間24日、ショート動画アプリTikTokを運営する中国バイトダンス(字節跳動)が、安全保障上の脅威を理由に同アプリの排除を目指す米大統領令に対して、カリフォルニア州の連邦裁判所に提訴した。 

TikTokの声明では「トランプ氏のTikTokに対する禁止令は、米国内における当社の事業を脅かしている。 コロナ流行中に米国の数百万人が楽しんできたエンターテインメントとコミュニケーションとしてのプラットフォームを奪う上に、我々が提供している1万人の雇用も危険にさらすことになる。誠意をもって取り組んできたが、今は訴訟を起こすしかない」

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録