TikTok中国版の抖音、ライブコマースでタオバオなどを締め出し

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

TikTok中国版の抖音、ライブコマースでタオバオなどを締め出し

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ショート動画プラットフォームの「抖音(Douyin、海外版は「TikTok」)」がライブコマースを閉ループ化しようとしている。

8月20日の0時00分、抖音のコンテンツマーケティング・プラットフォーム「星図(Star Tour)」はサードパーティ由来の商品リンクが抖音でライブコマースをする場合、20%のサービス料金を請求すると発表した。抖音ショップであれば5%だ。

サードパーティ由来の商品リンクとは、アリババのタオバオやTmall、JD.com(京東)などを指す。

9月6日より、サードパーティがライブルームのショッピングカートにアクセスするには、抖音決済プラットフォーム「星図」を経由しなければならず、 10月9日からは商品をショッピングカートに入れることもできなくなる。抖音ショップの商品については今まで通り。

今回のライブコマース管理強化は、消費者の権益を保護するためだと抖音の担当者はコメントしている。また、上記のポリシーはライブコマースのみが対象で、ショート動画ではサードパーティの商品でも今まで通り配信できるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録