「享物説」 セコイア・キャピタル主導のB+ラウンドで資金調達に成功 累計調達金額は1.1憶ドル超に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

投資

「享物説」 セコイア・キャピタル主導のB+ラウンドで資金調達に成功 累計調達金額は1.1憶ドル超に

36氪首发 | 「享物说」获红杉资本领投 B+ 轮融资,累计融资额已超 1.1 亿美元

36氪获悉,我们曾经报道过的“享物说”近日完成了由红杉资本领投的 B+ 轮融资,高瓴资本、IDG、GGV、经纬、真格、险峰等机构跟投。团队透露,本轮融资的金额超 6500 万美元。截至目前,享物说累计融资额已超 1.1 亿美元。

无论是从创新性还是用户增长上,享物说都可以称得上是一个“现象级”的产品:通过“小红花”这一社区积分体系开创了新的物品交易方式,从 2017 年 10 月上线至今,根据团队提供的数据,截至 2018 年 7 月,享物说小程序的用户数已经超 2000 万,日活跃用户超 100 万。

享物说的创始人及 CEO 孙硕告诉 36氪,对于团队来说,享物说的“只送不卖”的模式和市场需求已经经过验证,打磨产品以及团队人才的扩充是主要的方向。

积分体系+技术=竞争壁垒:

在孙硕看来,除了先发优势,享物说最大的壁垒在于积分体系和技术上。

“积分体系”是整个享物说产品搭建的基础,这也是享物说在水面之下的竞争优势,很难被照抄,技术则直接和用户体验相关。

孙硕告诉 36氪,平台上,母婴类、彩妆类是平台上流通得比较多的品类,平台用户构成上自然也以女性居多,占到了65~70% 。总体上来说,长尾非标是平台上流通物品的一个特点。但非标品同时也意味着物品的属性太过分散,目前在享物说平台上,物品的平均周转时间为 2 天,80%的物品能够在一周内成交,但其实流转效率还有一定的提升空间。

因此,团队也在尝试借助通过物品的识别、人货匹配等深度学习技术来实现“千人千面”。孙硕的设想是借助技术来高效完成物品和人配对、人与人配对,“指引用户把合适的物品送个最需要的人,让世界实现物尽其用。”

在技术实现上,除了享物说创始团队自身的技术背景外,团队还在不断加强技术布局,今年 5 月,技术合伙人楚伟加入享物说,负责 AI 和算法相关工作,并开始组建专门的技术团队。

此外,孙硕提到,随着享物说用户量的不断上涨,如何优化产品架构来承载更大量级的用户也是享物说看重技术、在技术上持续投入的原因。

36氪首发 | 「享物说」获红杉资本领投 B+ 轮融资,累计融资额已超 1.1 亿美元

麦当劳品牌营销活动

从处理“负资产”到品牌营销新场景

孙硕提到,享物说想做的闲置交易重点在于“送”而非“换”。

无论是商业理念还是经济学层面,“送”和“换”给到人的心理感受是不同的。后者是两个人之间等值的交易,在这个场景下,只有当交换双方对物品的价值达成一致时,“换”的行为才能发生,这中间过程自然会影响效率,所以享物说强调“送”,帮助有闲置的人消化掉“负资产”。而为了规避另外一部分人群“占便宜”心理,同时也让整个社区的交换行为持续起来,团队引入了“小红花”,给到激励和回报。

孙硕告诉 36氪,对于一些好的品类,活跃用户为了不错过重要商品,每天都会登陆进行“秒杀”。这些用户行为也天然让平台成为了一些品牌营销的场景:在各类广告的转化率不断疲软的当下,品牌方可以以“送东西”的形式和自己的用户进行互动。只需要提供免费的物品,就能够起到广告宣传和用户互动的效果。目前平台已经和欧莱雅、麦当劳、完美日记等品牌进行了合作。

目前享物说 70% 的用户增长来自于自增长,在冷启动阶段,享物说通过激励机制等获取了一部分用户,后期的用户增长也主要依赖基于微信社交关系的分享等。随着平台上产品品质的提升,也激发了一部分“围观”用户开始,引入新的流量。

36氪首发 | 「享物说」获红杉资本领投 B+ 轮融资,累计融资额已超 1.1 亿美元

享物说管理团队(部分)

我们在之前的文章中提到过,享物说的诞生其实是有公益性质在的,将其产品化则主要是为了把“送东西”这件事做得范围更广,更公平。

从创立一开始,团队就主要以捐赠乡村图书馆的形式参与公益。孙硕告诉 36氪,从创立至今享物说目前已经送出了超过 40 个图书馆 、几十万本书,影响了几十万留守儿童,这些书的来源也多来自于平台用户,从这一点来看,享物说也提供了一个整合性的出口,帮助人们用公益的形式来将自己身边的闲置进行价值再利用。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む
コメントを見る

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

「享物説」が近々セコイア・キャピタル主導のB+ラウンドで資金調達することが分かった。ラウンドにはHillhouseキャピタル、IDG、GGV、経緯、真格、険峰等が参加している。今回の資金調達額が6,500万ドル(約70億円)を超えることをチームは明らかにしており、これまでの享物説の調達額は、累計で1億1,000万ドル(約120億円)を超える。

享物説は革新性から、あるいはユーザー増加の観点からを問わず、ひとつの驚異的な製品と見なすことが出来る。「小紅花」と呼ばれるこのポイントシステムは新たな物品取引方式を生み出した。提供されたデータによると、2017年10月上旬から現在まで、2018年7月の時点で、享物説のミニプログラムのユーザー数は2,000万人を超え、アクティブユーザーは100万人を超えている。

享物説の創設者兼最高経営責任者(CEO)孫碩氏は、享物説の「送るだけで、売らない」方式の市場の需要は検証済である。アイテムに磨きをかけることと、人材の拡充が主な方向性であることを語った。

ポイントシステム+テクノロジー = 競争上の武器

孫碩氏の見解では、先発としての優位性のほか、享物説の最大の武器はポイントシステムとテクノロジーにある。

「ポイントシステム」は享物説のアイテム全体の土台となっている。コピーされ難く、競争においての優位点といえる。テクノロジーは直接ユーザーの使用感に関係してくる。

また、マタニティグッズ、メーキャップグッズといったカテゴリの取引が比較的多いため、自然と女性ユーザーの構成比率が高く、65〜70%を占めていることを語った。全体では、ロングテールの非標準品が、流通アイテムの一つの特徴である。しかし同時に、非標準品はアイテムの分散を意味する。現在、享物説プラットフォームにおける回転周期は2日であり、アイテムの80%は1週間以内に取引されているが、実際には回転効率と共にスペースの拡大が必須だ。

そのため、アイテムの識別を通し、人と物のマッチングなどのディープラーニングテクノロジーで「千人千様」の実現を試みている。孫碩氏の構想は、テクノロジーの力を借りてアイテムと人とのマッチングを効率的に完成し、人と人とをマッチングさせ、「最適なアイテムを最も必要としている人の手に渡るようにユーザーを導き、最大限に活用できる世界を実現すること」である。

テクノロジーを実現する上で、享物説創設チーム自体の技術以外に、更なる強化を続け、今年5月、技術パートナーである楚偉氏が加わり、AIとアルゴリズム関連の業務を担当することになり、専門技術チームを形成した。

その他、孫碩氏は、ユーザー数の増加にともない、如何に製品アーキテクチャを最適化し大量のユーザーに対応するかが、テクノロジーを重視し、投資を続けている理由だと語った。

「負の資産」の処理から、ブランドマーケティングの新しいシーンまで

享物説が目指す遊休物品の取引の重点は、「交換」ではなく、「送る」ことにあるという。

商業理念、経済学の観点を問わず、「送る」と「交換」が人に与える心理的な感情は異なる。後者は二者間の同等の価値の取引、この状況下では、双方のアイテムの価値が一致した時に「交換」行為が発生するものであり、この中間プロセスは当然効率に影響するため、享物説は「送る」ことを強く提起している。そうすることにより使われていない「負の資産」の処理を手助けすることになる。また、一部の人達の「得したい」心理を回避し、コミュニティ全体の交流行動を継続させるために、インセンティブとリターンの意味を持つ「小紅花」を導入している。

人気カテゴリでは、アクティブユーザー達が見逃さないように毎日ログインしているため、一瞬で売り切れているという。 これらのユーザーの動きは、自然とプラットフォームのブランドマーケティングの一部となる。さまざまな広告のコンバージョン率が弱くなってきている時、ブランド方は「アイテムを送る」という形でユーザーへ働きかける。 無料のアイテムを提供するだけで広告宣伝となり、ユーザーとの相互作用を発揮することができるのである。現在、ロレアル、マクドナルド、完美日記などのブランドと提携している。

現在、享物説ユーザーの70%は自然増加である。コールドスタートの段階では、インセンティブメカニズムなどで一部のユーザーを獲得し、後期のユーザー増加は主にWeChatコミュニティでのシェア等に起因している。同時に、プラットフォーム上アイテムの品質を向上させることによって、一部の「見物人」ユーザーの参加を促し、新しい流れを引き寄せた。

享物説の始まりは公共の性質を有している。その商品化は主に「アイテムを送る」ためであり、このことによって、更に広まり、より公平になる。

享物説は、当初から主に農村に図書館を寄付する形で公共福祉に貢献している。孫碩氏曰く、現在までに40以上の図書館と数十万冊の本を寄付し、数十万人もの留守児童たちに影響を与えている。これらの本も自身のプラットフォームユーザーからの提供によるものであり、この点から、享物説は整合性のあるツールを提供し、人々が公共福祉の形で彼らの遊休物品を再利用する手助けを行っていると言える。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録