短信

ソフトバンクも出資する中国最大のオンライン不動産サービス、創業者が50歳で急逝

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国最大のオンライン不動産取引プラットフォーム「貝殻找房(KE Holdings)」は、同社の創業者で会長の左暉氏(50歳)が、予期せぬ病状の悪化により5月20日に亡くなったと発表した。

ソフトバンクやテンセント(騰訊)から出資を受けた貝殻找房は、去年ニューヨーク証券取引所への上場を果たした。不動産仲介大手の「鏈家網(Lianjia)」傘下で発足してから、わずか2年4カ月での米国上場だった。

ソフトバンク出資の「貝殻」が米上場 時価総額4兆円超で「不動産の雄」の地位確実に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録