シンガポールの代替肉「Next Gen Foods」が資金調達、米国展開を強化

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

シンガポールの代替肉「Next Gen Foods」が資金調達、米国展開を強化

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

シンガポールのフードテックで、植物ベースの代替チキン「TiNDLE(ティンドル)」を販売する「Next Gen Foods」がこのほど、シードエクステンション(追加拡張投資)で2000万ドル(約22億円)を調達した。

今回同社に新たに出資したのは「GGVキャピタル(紀源資本)」、農業・食品専門VC「Bits x Bites(食芯資本)」、シンガポール・マレーシアの飲料メーカー「ヨー・ヒャップセン(YeoHiap Seng)」のほか、『ブリッツスケーリング』 の共著者であるクリス・イェ(Chris Yeh)氏など。既存株主もシンガポールの政府系投資会社「テマセク・ホールディングス」や「K3 Ventures」などが再び出資した。

資金はTiNDLEの米国展開に充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録