ビッグデータ処理の「優必愛」がプレシリーズAで資金調達 コネクテッドカー関連を新たなコア商品に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス注目記事

ビッグデータ処理の「優必愛」がプレシリーズAで資金調達 コネクテッドカー関連を新たなコア商品に

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動車向けビッグデータの処理を手がける「優必愛信息技術(UBiAi Technology)」が、「トランスリンク・キャピタル(Translink Capital)」からプレシリーズAで数百万ドル(約1億1000万~10億円)を調達した。

設立した2016年にも、「雲天使基金(Cloud Angel Fund)」からエンジェルラウンドで100万ドル(約1億1000万円)を調達している。

優必愛のビジネスモデルは、自動車メーカーが収集した車載データを処理・分析し、保険、金融、アフターサービス、中古車販売企業などに提供する。企業や消費者は、暗号化しプライベートクラウドにアップロードされたデータをDaaS(Data as a service)の形式で利用することができる。

優必愛の創始者兼CEOの朱瑞氏は、データを商品にしたビジネスモデルについて「自動車のIT化が生みだすデータには、大きな価値がある。自動車業界は今まさに転換の時期をむかえており、これが構造転換を後押しする」と語る。

通信サービスの基盤となるT-BOX(テレマティクス・ボックス)のデータ集積量は、スマートカー1台あたり、現在の3Gでは60~100次元、4Gで400~500次元。リアルタイムで、基幹パーツのECU(電子制御ユニット)の情報を集積することができるという。

これまで、これらのデータは自動車産業チェーンの企業間の利用に限られていた。これを保険会社などの他業種へ転用しようとすると、多くの人材などを割いて車両の損害状況を照会したり、リスク査定を行ったりする必要があるため、資金と時間がかかっていた。

そのことは保険金の支払い時に顕著になる。優必愛がIoVのビッグデータを提供し、保険会社はDaaSを使ってリスク評価、補償金額の算出、修理メンテナンスのフォローアップ、リスクアセスメントなどを行うことで、事故の処理効率や保険金支払いまでの時間を大幅に改善できる。

「5Gの時代には、すべての車両にカメラが標準装備され、車車間通信も実用化されて、車両の情況が把握できる。これは保険金の自動請求払いを可能にする」と言う。

自動車ローン会社は、販売後のリスクコントロールの手間を大幅に改善できる。これまではユーザーに知らせることなくGPSを付けていたが、ローンが完済されるまでバッテリーがもたなかった。しかし、IoVからのデータを取得すれば、車両を追跡できユーザーの行動履歴から異常を感知することもできる。

中古車販売会社にとっては、車両の価格査定に役立つ。新車が販売された日から車両をトレースでき、客観的なデータとなるからだ。

現状、20社近くの自動車メーカーが優必愛にデータを提供し、IT化で連携している。その大半は外資系自動車メーカーである。

外資系ブランドとの連携が多いのは、優必愛が早くから自動車IT化のマーケットに着目していたからだ。朱CEOは2012~2015年、メルセデスベンツでコネクテッドカー事業に携わっていた。当時、メルセデスのような外資系自動車メーカーはコネクテッドカーが収集したデータのマネタイズをすでに模索していることに気が付いたという。

だが、自動車メーカーがすぐにデータを提供してくれたわけではない。優必愛はまず、各社の内部データ分析に着手。顧客の運転習慣分析、車型の改善の必要性判断、システムの欠陥がある車種の洗い出しなどを行いリコールを防止し、信頼を得た。そうして「中国平安グループ(PING AN)」などの保険会社5社に、業務モデルを構築しシステムを提供したた。

2018年半ばには、法人向けに車載データのDaaSサービスを開始。カーオーナー向けには、オンライン・オフラインを融合した販売プラットフォームを構築した。これにより、8ブランド約30社の販売取次店を通じて、4000人を超えるカーオーナーを取り込むことに成功している。

全国各地にエリアマネージャー・チームを配置し、12省の販売取次店500社、カーオーナー50万人にインテリジェント・アフターサービスとファイナンス業務を提供する。今年は、売上高2億元(約33億円)となり黒字転換できる見込み。2021年までに販売取次店5000社、カーオーナー5000万人を取り込むという。

ドル建てで資金調達したことについて「世界の自動車メーカーが、製造業からデジタルサービス業に構造転換していく。今後は海外市場も視野に入れる」と語った。

朱瑞氏の経歴は、メルセデスベンツでコネクテッドカーチーム責任者を、ITコンサル「パクテラグループ(文思海輝)」でクラウドコンピューティング・データ事業部副総裁を歴任。北京大学でMBAを取得している。また、同社の首席AIサイエンティストはIoTデータ分析とAIの専門家で、グーグルおよびウーバー(Uber)で12年以上の業務経験がある。
(翻訳:貴美華)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録