短信

海外に分散した中国の古典籍をデジタル化で「回帰」するプロジェクトを発表 アリババ系研究機関が支援

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババグループの基礎科学・イノベーション技術研究機関「アリババ達摩院(Alibaba DAMO Academy)」の技術を使い、海外に分散した中国の古典籍をデジタル化して「回帰」させるプロジェクト「漢典重光」。

このほど、同プロジェクトの発表会が中国科学技術館で行われた。初回の作業では20万ページ分に及ぶ古典籍をデジタル化し、3万字を網羅する古書字典として集約された。これらの古典籍は漢典重光のプラットフォームを通じて一般ユーザーも検索・閲覧することができる。

古典籍を認識するための新たなシステムは、アリババ達摩院の技術チームと四川大学の専門家が共同開発したものだ。このシステムのAIは97.5%という高い精度で20万ページに及ぶ古典籍の認識作業を行ったという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録