インドネシア発宅配大手「J&T Express」、テンセントなどから約2830億円を調達 香港IPOに先駆け

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

インドネシア発宅配大手「J&T Express」、テンセントなどから約2830億円を調達 香港IPOに先駆け

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドネシア発の運送会社で東南アジアや中国にも進出している「J&T Express(極兎速逓)」が、新たに25億ドル(約2837億円)を調達したと報じられた。調達後の評価額は200億ドル(約2兆2699億円)に達したとのこと。今回の資金調達は、早ければ来年第1四半期(1~3月)に予定されている、香港でのIPOに先駆けて行われた。

関係者によると、最新ラウンドでは、同社の主要な支援者である「博裕投資(Boyu Capital)」「高瓴資本(Hillhouse Capital)」「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」「テンセント・ホールディングス(騰訊控股)」などが出資しているという。

当初J&T Expressは、米国でのIPOにより約10億ドル(約1134億円)の調達を計画していたが、その後計画を香港における上場に変更していた。

同社は、当初OPPOのスマホを東南アジアで輸送するために設立され、創業チームと初期資金はOPPOが投入した。2015年8月にインドネシアで事業を開始し、その成功体験を基に東南アジアの国々で急速に事業を拡大した。2020年3月、正式に中国市場に参入。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録