火箭少女(Rocket Girls)がマクドナルドの広告塔に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

kv(仮)マーケティング注目記事

火箭少女(Rocket Girls)がマクドナルドの広告塔に

火箭少女代言麦当劳,男团女团的首批广告为什么总是献给快餐品牌 | “年轻人啊”

《创造101》刚结束一周多,火箭少女101就有了自己的第一个代言。

7月1日,麦当劳官方微博发布了火箭少女101为其代言的一组海报,并将她们形容为“可盐,可甜,可酷,可帅,可淘气的她们”,孟美岐仍然是全员海报中的C位,Yamy、段奥娟也都有不错的展示位置。最重要的是,脱离了节目组的“土创”风格,在更有设计感的色彩搭配和修图效果下,这些女团成员看起来已经有标准偶像的样子了。

火箭少女代言麦当劳,男团女团的首批广告为什么总是献给快餐品牌 | “年轻人啊”

作为节目,《创造101》很成功,但作为偶像团体,火箭少女101也许没有太高的胜算,成团就是被遗忘的开始——这是《创造101》决赛之后,媒体上存在的主流看法之一。不过粉丝们证明了他们的战斗力依旧很惊人,截至7月3号中午12点,麦当劳关于101火箭少女的宣传已经超过了48万转发。至于孟美岐、吴宣仪、徐梦洁等成员关于麦当劳的宣传微博,每天也都获得了2万到10万不等的转发,以及数以万计的评论。

品牌的快速反应

麦当劳借101之力大出风头的同时,它的老对手肯德基也没闲着。麦当劳7月1日找女团代言甜品,肯德基就在第二天上线了“终极四酱”宣传,找的代言人是通过爱奇艺《偶像练习生》走红的坤音四子,并且在半天之内到了60万转发。

火箭少女代言麦当劳,男团女团的首批广告为什么总是献给快餐品牌 | “年轻人啊”

先后有《偶像练习生》、《创造101》两档节目成为爆款,2018年毫无疑问是男团、女团影响力爆发的一年。在这两档以PK为主题的节目带动下,粉丝团体之间轮博,做数据的风气尤盛,新晋男女团成员的数据表现程度甚至超过了传统流量小生小花。

除了在网络世界获取高转发和高关注度,快消品牌更看重的是这些男团女团的带货能力。麦当劳选择火箭少女101,是继必胜客选择nine percent,肯德基选择乐华NEXT,坤音ONER之后,又一快餐品牌选择了新晋创偶男女团做代言。偶像团体是一个抓手,让品牌接近他们所想象的年轻消费者。

肯德基、麦当劳近年来的代言多选择流量小生,到男团女团这里,用代言人来调动粉丝互动,让粉丝成为“自来水”的作用被发挥到极致。快餐品牌的定价本来就非常接近于年轻人的消费力,用10块一杯的鲜柠特饮,20块一个的汉堡来展现对偶像的支持,是一件成本不高,但很有心理满足感的事情。

男女团代言让营销手段和产品的多样化
为爱豆们精美的宣传照甚至宣传视频购买指定套餐,获得海报,店内人形立牌合影等等,已经不算稀奇营销方式,肯德基、必胜客都做了这样的营销策略,其中麦当劳还可能会有线下的互动。

火箭少女代言麦当劳,男团女团的首批广告为什么总是献给快餐品牌 | “年轻人啊”

除此之外,顾客可以用肯德基的K-music点唱机点歌,让乐华7位小哥哥的新歌当餐厅背景音乐播放。许多粉丝甚至经常用手机APP为附近门店点偶像们的歌。
火箭少女代言麦当劳,男团女团的首批广告为什么总是献给快餐品牌 | “年轻人啊”
男女团代言一个最大的优势就是可以做到产品的系列化。必胜客推出一周每天不同产品半价的活动,而不同的产品又分属不同的小哥哥推荐,这样的做法往往既满足了团粉的需要,又照顾到了唯粉的心理。同样,肯德基的请ONER代言“终极四酱”,就化用了超级英雄这一主题,请四个少年代言不同的薯条蘸酱,符合了众多粉丝心中对这几位偶像的不同定位。年轻的顾客可能不再冲着产品本身的价值去消费,而商家卖的往往是这一产品背后的故事感和明星效益。

对这些快餐品牌来说,它们要的不仅是男团女团的代言,还需要趁着这些年轻偶像没有被过度消费之前,做第一批尝鲜的品牌。明星代言过多,曝光过多,毫无疑问会影响传播声量。偶像团体所属的经纪公司在选择代言的时候,也更倾向于选择有广泛自有渠道的品牌,通过强曝光让粉丝维持对偶像的印象。这些品牌的开价未必是最高的,但带来的广告资源却是最多的。在全国有数千家门店的麦当劳、肯德基,为什么总是能拿下偶像团体的首批代言,原因也就不难理解。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

「創造 PRODUCE 101(中国のプロデュース番組)」が終了してからわずか1週間後、火箭少女(Rocket Girls)は早速、コマーシャルに起用された。

7月1日、中国マクドナルドの公式Weiboで火箭少女(Rocket Girls)を起用した広告をポストにし、彼女たちを「しょっぱくて、甘くて、クールで、かっこいい、イタズラ好きな彼女達」とキャッチコピーをつけた画像を発表した。ポスターでは孟美岐をセンターに、Yamy、段奥娟も目立つ位置に配置されている。重要な事は「創造 PRODUCE 101」感が無い事だ、ポスターのデザインや色彩やレタッチの効果により彼女たちは、まるで既に有名なアイドルの様に見える。

TV番組としての「創造 PRODUCE 101」は大成功を収めたが、アイドルグループとしての火箭少女(Rocket Girls)の勝算は低い。何故ならグループはすぐに消えてしまう——これが「創造 PRODUCE 101」優勝後のアイドルへのメディアの主な見方だ。しかし、ファンは彼らの戦闘力がまだ衰えていない事を証明した。7月3日の正午12時までに、マクドナルドの火箭少女(Rocket Girls)に関するWeiboは、48万リツイートを超え、特に孟美岐、呉宣儀、徐夢潔などのメンバーのマクドナルドのオフィシャルWeiboは毎日2万-10万のリツイートやいいねがあった。

ブランドの迅速な対応

マクドナルドが「創造 PRODUCE 101」の力を借りている時、永遠のライバル・ケンタッキーはただ黙っていた訳ではなかった。7月1日にマクドナルドが女性グループをデザートのCMに起用した翌日、ケンタッキーは「究極の4ソース」のCMをリリースした、CMには中国の動画サービス愛奇芸(iQIYI)の人気プログラム「地下アイドル」の坤音四子(ONER)を起用して、半日で60万リツイートを獲得した。

「地下アイドル」と「創造 PRODUCE 101」、この2つのプログラム出身のアイドルがドル箱になり、2018年は彼らの影響力が爆発する1年になるだろう。先述の2つのTV番組は、ファンの間でバズり、ビッグデータとして活用されている。データによると最近では新人男女アイドルグループが中国の人気番組「流量小生小花」を追い抜いてしまった。

高いリツイートと注目度を獲得する事以外に、FMCGブランドはこのような男性・女性グループの影響力に注目している。マクドナルドの火箭少女(Rocket Girls)、ピザハットのnine percent、ケンタッキーの楽華NEST(グループ名)や坤音四子(ONER)に続き、他のファストフードチェーンも新人男女アイドルグループのCM起用を検討している。アイドルグループは、彼らが想定する若いユーザに接近できるツールなのだ。

ケンタッキー、マクドナルドはここ数年は流量小生を起用する事が多かったが、最近では男性や女性アイドルグループを起用してファン達の「誘い水」にしてしまう。その効果は絶大だ。ファストフードチェーンの価格帯は、もともと若者向けになっているが、1杯10元(約166円)のフレッシュレモンジュース、1個20元(約333円)のハンバーガーで、“推し”をサポートする事ができる。決して若者には安くない値段だが、“推しメン”をサポートできるという心理的満足感を与える事ができる。

男女グループのCM起用はマーケティングと商品を多様化させる

特定のセットメニュー購入を促すアイドル達の美しい宣伝写真や動画、ポスター、店内の人形パネル等は今やどれも珍しい方法ではなくなった。ケンタッキーやピザハットもこの様なマーケティング戦略をとっており、中でもマクドナルドはオフラインにも働きかけようとしている。

他にもユーザはケンタッキーの音楽配信サービスK-musicで、楽華(グループ名)の7人の新曲を店内のBGMとして聞く事ができる。ユーザはアプリを使って近くのお店で好きなアイドルの歌を聞くことができるのだ。

男女アイドルグループを起用する最大のメリットは、商品のシリーズ化のしやすさにある。ピザハットは、一週間毎日異なる商品の半額イベントをしており、ユーザは自身の“推しメン”によって、半額の商品を買う事ができる。この方法はファンの心理を満足させる事ができる。同様にケンタッキーで楽華ONER(グループ名)がCMする「究極の4ソース」は、究極のヒーローをテーマに、4名のメンバーがそれぞれ異なるフレンチフライのソースをイメージしたキャラクターになっている。これはグループだけでなく、各メンバーのファンには嬉しい宣伝方法だ。

これらファストフードチェーンは、男女アイドルグループのCMを起用するだけでなく、新人アイドル達の出始めを狙い、一気に商品化を狙う。有名人のCMを多用する事や露出を増やす事で宣伝に大きく影響する。アイドルグループの所属するプロダクションは、広いチャネルを持つブランドを選ぶ傾向にあり、ゴリ押しすることでファンにアイドルグループのイメージを支えてもらうのだ。これらのブランドのギャランティーは決して高くは無いが、プロダクションに入る広告資源はとても多い。世界有数のチェーンであるマクドナルド、ケンタッキーは何故いつもアイドルグループをCMに起用するのか、その理由を理解するのは難しい事ではない。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手