ティードリンク「奈雪の茶」が香港上場申請、純利益率はわずか0.2%

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ティードリンク「奈雪の茶」が香港上場申請、純利益率はわずか0.2%

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国発の大人気ティードリンクチェーン「奈雪の茶(Nayuki)」は2月11日、正式に香港証券取引所に上場申請書「A1フォーム」を提出した。これにより、新興茶飲料として初の上場企業が誕生する。 JPモルガン、招銀国際(CMB International Securities)などがスポンサーを務めるという。

目論見書によると、同社の2018年、2019年および2020年の9月までの営業収入は、それぞれ10億9000万元(約177億円)、25億元(405億円)、21億1000万元(約342億円)で、前年比成長率はそれぞれ130.2%と20.8%となっている。

収入面では急激な成長を見せているが、利益面では業績はあまり芳しくない。2018年、2019年のNon-IFRS(国際会計基準非準拠)ベースの純損失はそれぞれ5658万元(約9億円)、1137万5000元(約1億8000万円)となっている。2020年の純利益は4484万元(約7億円)となっているが、全体の純利益率は0.2%にとどまり、あまりにも低い利益率となっている。

戦国時代の中国茶飲料市場:2020年は「奈雪の茶」「喜茶」「楽楽茶」の御三家が鼎立

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録