B2Bサプライチェーンの「準時達」:シリーズAで約390億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

B2Bサプライチェーンの「準時達」:シリーズAで約390億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

B2B向けにサプライチェーンマネジメントを行う「準時達国際供応鏈有限公司(JUSDA Supply Chain Management)」が、シリーズAで24億元(約390億円)を調達した。B2Bサプライチェーン企業として過去最大の調達額である。リード・インベスターは「中国人寿(China Life Insurance)」、「IDGキャピタル」、「中金資本(CICC CAPITAL)」、コ・インベスターは「中鉄中基(CHINA RAILWAY SUPPLY CHAIN GROUP)」、「鈦信資本(TI-CAPITAL)」、「元禾原点(Oriza Horizon)」。準時達は、電子機器メーカー「フォックスコン・テクノロジー・グループ(富士康科技集団)」のロジスティクス部門を前身として、2010年10月に設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録