吉利傘下の高級EVブランド「ZEEKR」、欧州進出を本格化 米上場の動きも

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

吉利傘下の高級EVブランド「ZEEKR」、欧州進出を本格化 米上場の動きも

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国自動車大手の吉利汽車(Geely Automobile)傘下の高級電気自動車(EV)ブランド「極氪(ZEEKR)」が、欧州での販売拡大を計画していることが分かった。

極氪は2021年に設立され、米テスラの「モデルY」などと同等の価格設定で高級EV市場を狙っている。現在のところは、クーペタイプの「ZEEKR001」のみを販売しており、22年は約7万台を売り上げた。23年1月には多目的車(MPV)「ZEEKR009」の発売を予定している。

極氪の安聰慧・最高経営責任者(CEO)は1月5日、23年は販売台数を約14万台へと倍増させることを目標に、欧州での販売拡大を進める方針を明らかにした。

米調査会社ブルームバーグNEF(BNEF)の最新データによると、欧州のEV(乗用車)販売台数は世界の約34%を占めている。欧州のEV市場は世界最大の中国に次ぐ規模で、中国のEVメーカーにとって最大の輸出先となっている。

吉利汽車の親会社、浙江吉利控股集団は22年12月、極氪を分社化し、米国で上場させる方針を明らかにした。極氪はすでに米上場に向けた手続きを開始している。

中国・吉利傘下の高級EVブランド「ZEEKR(極氪)」、米国でIPO申請へ

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録