経費精算・管理サービスの「分貝通」:シリーズB+で約38億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

経費精算・管理サービスの「分貝通」:シリーズB+で約38億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

オンラインで企業の経費精算・管理サービスを行う「分貝通(Fenbeitong)」が、シリーズB+で3600万ドル(約38億円)を調達した。リード・インベスターは「Ribbit Capital」、「斯道資本(Eight Roads)」、「Glade Brook Capital」で、コ・インベスターは「BitRock Capital」と既存株主の「IDGキャピタル」、「宜信新金融産業投資基金(CreditEase FinTech Investment Fund)」、「華創資本(China Growth Capital)」など。分貝通がこれまでに調達した資金は同シリーズで累計4億元(約60億円)を超える。キャッシュフローが重視されている現在、企業にとって健全なキャッシュマネジメントとコスト削減は重要な課題だ。

2016年に設立された分貝通は、企業で経費が発生するシーンを統合し、支出前に経費管理をすることで可能な限り立替金の事後精算を省き、コスト削減を図るサービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録